2020年9月28日
  • 4:11 AM 自作パソコンのメリットとSSD搭載の利点について
  • 4:00 AM 定額買取が終わってしまう!太陽光発電をどうする?
  • 5:05 AM オタク必見!コレクターグッズはレンタル倉庫で大切に保管
  • 5:02 AM フランチャイズで起業しよう!業種はどうやって決める?
  • 5:02 AM 1000円カットが選ばれる3つのポイントとは?

事前にCM用の撮影を行うと通知している

映画のコマーシャルの中に、鑑賞中の観客が泣いている姿をそのまま撮って流しているものがあります。こういったコマーシャルを見て、「自分が映画を見に行ったら、勝手に顔を撮られてテレビで流されてしまうのか」と不安に思う人もいるのではないでしょうか。映画に対してどのようなリアクションを取ったのかということはともかく、どの映画を見に行ったのかというのはプライバシー情報の一つといえますし、また、勝手に撮影されるというのは明らかなプライバシー侵害といえます。実際のところはどうなのかというと、実は映画のコマーシャルで出てくる観客というのは、「コマーシャルでリアクションを使う可能性がある」という条件に同意した人たちなのです。したがって、隠し撮りされているわけではありません。逆にいうと、そういった条件で上映される試写会などに行けば、泣いた顔や笑った顔がコマーシャルで流される可能性があるということになります。

映画は見たいが顔を撮られるのは避けたい場合

では、もし訪れた試写会で「リアクションを撮影する」といわれた場合、どうすればいいのでしょうか。もし、拒否できるのであればした方がいいでしょう。基本的に顔を映されたくないといっている観客の顔を強引に撮って、それをコマーシャルで流すことはまずありません。今のご時世、確実にプライバシーの観点で問題になるからです。OKしたけど、実際に顔を流されたら困るかもという場合は、マスクをして顔の一部を隠せばまず大丈夫でしょう。そういった人を被写体に選ぶことはあまりないからです。

機密文書とは機密性のある文書のことを意味し、外部に漏洩することがないよに注意して取り扱う必要があります。

RELATED ARTICLES