2020年7月7日
  • 4:11 AM 自作パソコンのメリットとSSD搭載の利点について
  • 4:00 AM 定額買取が終わってしまう!太陽光発電をどうする?
  • 5:05 AM オタク必見!コレクターグッズはレンタル倉庫で大切に保管
  • 5:02 AM フランチャイズで起業しよう!業種はどうやって決める?
  • 5:02 AM 1000円カットが選ばれる3つのポイントとは?

社内SNSってどんなもの?

ネット社会になっている近年、SNSでプライベートの情報を発信している方も多いと思います。社内SNSとは、そのSNSの利用用途を社内に限定した、コミュニケーションツールのことをいいます。これまでにいくつもの社内SNSが世の中にリリースされており、導入する企業も増え続けているようです。社内SNSでは個人間のやりとりはもちろん、複数の人が同時に情報を交換することができます。また、社内にいなくても簡単にコミュニケーションをとることが可能です。社内の情報共有を円滑にし、コミュニケーションも活性化させるツールです。

メールと社内SNSの比較

現在もビジネスの場面で、情報共有をするためのツールとしてよく使われているメール。メールでは、複数人に知ってもらいたいことはCCで一斉送信しますよね。しかし、CCを多用するとメールの件数が増えてしまい、情報を見落としてしまう心配があります。一方、社内SNSでは時系列で情報を確認できるため、その心配もありません。また、社内SNSではメールで冒頭に書く挨拶の定型文も省くことができます。気軽に発言しやすく、社内SNSの中でいいアイデアがどんどん生まれてくるかもしれません。

社内SNSにはこんな機能もある!

無料でIP通話ができるツールでは、複数人でのグループ通話ができます。ほかには、スケジュールの共有ができたり、日報や日記を書いて共有できたりするツールもあります。また、アンケート機能があるツールもあるようです。社内SNSはとても便利なものですよね。この先も様々な企業が、どんどん導入していくのではないでしょうか。

社内SNSはコミュニケーションツールとして注目されています。面と向かって話しにくい事も文字であれば伝えられたり、部署や立場を超えて情報交換が可能となり、業務の効率化にも繋がります。

RELATED ARTICLES