2020年8月13日
  • 4:11 AM 自作パソコンのメリットとSSD搭載の利点について
  • 4:00 AM 定額買取が終わってしまう!太陽光発電をどうする?
  • 5:05 AM オタク必見!コレクターグッズはレンタル倉庫で大切に保管
  • 5:02 AM フランチャイズで起業しよう!業種はどうやって決める?
  • 5:02 AM 1000円カットが選ばれる3つのポイントとは?

事業継承の準備をする

事業継承をする準備はロードマップを描くことから始めます。事業継承をする日にちを決めて、それまでにすることを考えていきます。その中で特に重要なのが候補者の選定です。次世代を担う候補者達を慎重に選ぶといいでしょう。それが会社の更なる発展に繋がります。候補者は優秀な人を選ぶよりも、真面目で会社が好きな人を選ぶ方がいいです。会社が好きであれば、候補者に選ばれることでさらに頑張るでしょう。教育次第では立派な経営者になる可能性は高いです。また、真面目であれば、一生懸命学ぶことが苦ではないのです。

後継者になるための教育

事業継承は継承者に会社について教育をすることが大事です。会社全体のことを学ぶことがスムーズな継承につながるからです。他には財務状況やお金の流れを教育することも重要です。会社の現状を把握するためには、お金の流れを確認することが大切だからです。また、これからの展望や未来予想図を経営陣と一緒に考えるようにすると、同じ景色が見られるようになります。経営陣とできるだけ一緒にいることが教育になるので、継承までは時間を共有するようにしましょう。

迅速な決行が重要になる

事業継承は決行日に滞りなく行うことが大事です。経営陣が支持されていればいるほど、交代の時には問題が起きることが多いです。問題が出ても、そこまで準備をしてきた新しい経営陣が解決するので、交代劇は短い方がその後のためになります。また、立つ鳥跡を濁さずの言葉の通り、決行したら何も影響力を残さないことが重要です。影響力が残っていると次世代が本当の意味で継承できないからです。

事業承継をするのに誰にするのかは、大きく3通りの方法があります。親族に継承する、従業員等に継承する、M&Aで継承する、です.

RELATED ARTICLES