2018年12月11日
  • 4:16 AM eラーニングとはどんなシステム?メリットや活用場面について
  • 4:09 AM どこから手をつけていく?引越しのコツは片付けにあった!
  • 4:06 AM 適性検査はどんな種類があるのか解説します!
  • 4:04 AM 映画のコマーシャルで観客の顔を勝手に撮影して流している?
  • 4:23 AM これは便利!社内SNSって知っていますか?

営業代行とは一体どんなもの?

営業代行とは会社経営の一つである営業を外注に依頼するもので、業務のアウトソーシングの一つです。会社の経営は時代とともに変化しており、様々な業務をアウトソーシングすることで、業務の効率化や品質向上が行われています。

営業代行は、文字通り営業に関する一連の業務を外部の業者に代行してもらうもので、テレアポや商談のフォロー、顧客との交渉など、代行内容は多岐に渡ります。

営業代行を依頼することによるメリット

営業代行のメリットは、営業にかかる負担を軽減することにより、社員の仕事に余裕ができ他の業務の充実化ができることです。

特にテレアポは、営業活動の主要なものですが、かかる手間や時間は大きくなります。社員で全て行うとなると、その分他の業務時間を圧迫しなければなりません。これを代行依頼することで、手間や時間が省け、その分他の業務に集中することができ、結果的に業務全体の効率化や品質向上に繋がります。

営業代行を依頼することによるデメリット

営業代行にはデメリットもあります。代行業務は無料ではないので、依頼する期間や内容によってコスト面での負担が大きくなります。経営が難しい会社では、気軽に依頼することはできません。

また、営業代行といっても、社外から見れば同じ会社の一員とみなされます。このため、代行する方たちのミスなどの負担は、会社側が負うことになります。

営業代行は便利なアウトソーシングですが、これらのデメリットをしっかりと認識したうえで、会社の業務形態に合わせた内容で依頼する必要があります。

営業代行とは、企業の利益をより上げるため営業のみに特化して業務代行を行なうもの。最近はアプローチだけ任せ、本格的な提案は自社の社員が行なうという形にで導入する機器も増えてきている。

RELATED ARTICLES